2011.6.26

Wide-Awake Summer Hat

気候と共に動き出した、

夏物ハット各種を横一列に整列させて見ました。

分かりづらいのですが、ホントは高さをお見せしたかったのです。

頭の形は勿論ですが、

素材、型入れ具合、お客さんの個性でイメージが大分変わるんです。

中折れの凹み方だけでも細かくお見せ致しますのでご参考までに!

Cotton &Thermo Hat(コットンサーモハット)

字のごとく草物の素材ではなくコットン素材。

非常に柔らかいので、

頭が小さすぎる人はアジャスタースベリを最大限に生かしてください。

チャコールは残念ながら品切れです・・・

Forks Hat(フォークスハット)

適度に硬く非常にベーシックなタイプ。

夏物のハットと言えばこちらを想像される方、多いのでは?

今期から蝶リボンに変わりました。

Soft Blade Hat(ソフトブレードハット)

説明にも書いていますが草物素材ですが

非常に柔らかい仕上がりです。

人によっては高さを気にされる方も居ますが、

横一列に並べた画像をもう一度見てください(右から二番目)。

ね!特別高くはないのです。

ただ柔らかいので窪みが少し深いだけなのです。

Ovoid Blade Hat(オウヴォイドブレードハット)

一番浅めに仕上げていて

クラシックなイメージ。

お店だとパッと見では皆さんスルーしますが、

お勧めして被ると納得してくれます。

ん~難しい!!

ホント帽子って。

noguchi

帽子屋c-plusは全国に通販もおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 3 =

カレンダー

    11月 2017
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

月別アーカイブ

最近の投稿